>

EVENT

【終了】南山城村の「味」をめぐる一日

70637505_464511611074550_1702632028064710656_n

特別な日につくる郷土料理、日常的に味わうお茶、継承される農業。

南山城村には受け継がれてきた「味」がたくさんあります。
今回は、そんな南山城村の「味」の一部を体験していただく一日です。
まずは、若手しいたけ農家・山田さんのハウスで椎茸を収穫し、お昼に高尾地区のお母さんと一緒に作る郷土料理を味わい、お昼ごはんのあとは、茶畑のなかを散策し、村特産のお茶を使ったおはぎを作ります。

高尾の郷土料理に触れている記事▼
やまびこWebページ→ https://www.kyoto-yamabiko.com/report07

【日時】 2019年10月27日(日)10:30~16:00
【参加費】2,800円
【定員】12名
【持ち物】汚れても良い服装
【集合場所】「やまんなか」京都府相楽郡南山城村大字田山小字上フケ10-4
MAP→ https://goo.gl/maps/dXKET9EY86m

【タイムテーブル】
10:15 集合&受付
10:30 しいたけの収穫体験@キノコノ山田
11:30 郷土料理作り&お昼ごはん@やまんなか
※お料理の詳細はこのページの投稿にて!
13:00 茶畑で散歩
13:40 おはぎ2種手作り体験
(抹茶味とほうじ茶味)
15:00 お茶タイム
15:30 解散予定 ※解散後もゆっくりして頂けます

【交通手段】
※電車でお越しの方は、JR月ヶ瀬口駅から村営バスに乗り「宮の前」で下車して下さい。バス停から徒歩1分ほどで集合場所です。
(バスは2~3時間に1本程度のダイヤですのでご注意下さいませ。)
▼バス時刻表
http://www.vill.minamiyamashiro.lg.jp/cmsfiles/contents/0000001/1538/timetable(takayama)H29.10.15.pdf

※お車でお越しの方は、「農村婦人の家」駐車場をご利用下さい。
map:https://goo.gl/maps/yJMTgr7dT3r

【お申込み方法】
murapura163@gmail.com まで下記の内容をお送りください。

・お名前(ふりがな)
・電話連絡先
・メールアドレス
・交通手段

※ 受付完了の返信メールをもちまして、ご予約完了です。
※ 返信メールが来ない場合
お手数ですが「返信用メールアドレス」の記載内容、メールの受信設定をご確認のうえ、再度送信してください。
※ ご予約完了後、欠席をされる場合は、同メールアドレスまでお知らせください。

【問い合わせ先】
南山城村役場 むらづくり推進課 ☎0743-93-0560
南山城村移住交流スペース やまんなか ☎0743-94-0666

 

【終了】よもぎと蜜ろうでバームを作ろう

Untitled collage (13)

 

 

 

 

 

 

自然栽培のよもぎと南山城村産の蜜ろうを使って、保湿剤であるバームを作る会です。
今回は、和束町でハーブの無農薬栽培・商品開発や講座などの活動をされている「ワヅカnoカオリ nico Herb」松村邦子さん・田内未沙さんが、よもぎを使ったバームづくりを教えて下さいます。
また、蜜ろうは南山城村で養蜂をされてる中下敏彦さんのものを使います。
よもぎの効能は、身体を温める、血行促進、デトックス作用、抗菌、婦人科系の症状の改善、美肌、代謝促進、抗アレルギー、抗アトピーなど、数えきれないほどあるそうです。バームは、肌の痒みやヤケドに効果を発揮してくれ、ハンドクリームとしても使えます。
自分で薬を作る感覚で、よもぎバームを作ってみませんか?

【日時】令和元年9月21日(土) 13:30~15:00
【場所】南山城村移住交流スペース「やまんなか」
Map:https://goo.gl/maps/TQ5TYrfgSTL2
【参加費】1,500円
【定員】12名様 ※先着順

【交通手段】
※電車でお越しの方は、JR月ヶ瀬口駅から村営バスに乗り「宮の前」で下車して下さい。バス停から徒歩1分ほどで集合場所です。
(バスは2~3時間に1本程度のダイヤですのでご注意下さいませ。)
▼バス時刻表
http://www.vill.minamiyamashiro.lg.jp/cmsfiles/contents/0000001/1538/timetable(takayama)H29.10.15.pdf

※お車でお越しの方は、「農村婦人の家」駐車場をご利用下さい。
map:https://goo.gl/maps/yJMTgr7dT3r

【お申込み方法】
murapura163@gmail.com まで下記の内容をお送りください。

・お名前(ふりがな)
・電話連絡先
・メールアドレス
・参加人数(複数の場合)
・交通手段(車 or 電車)

※ 受付完了の返信メールをもちまして、ご予約完了です。
※ 返信メールが来ない場合
お手数ですが「返信用メールアドレス」の記載内容、メールの受信設定をご確認のうえ、再度送信してください。
※ ご予約完了後、欠席をされる場合は、同メールアドレスまでお知らせください。
———————————————————-

【ワヅカnoカオリ nico Herbについて】
京都府南部に位置する和束町の和豆香(わづか)グリーンファーム。農薬、化学肥料を一切使用せず和束町ならではの栽培方法でハーブや野菜に日々向き合っています。
オリジナル商品開発(ハーブティー、アロマ、お菓子)、講座やワークショップ開催など、ハーブの魅力を広める活動も行なっています。

【養蜂家の中下さんについて】
中下敏彦さんは、南山城村で養蜂を始めて10年以上。一から養蜂に取り組み、加工・販売もされている。知人から巣箱を譲り受けたことをきっかけに、ニホンミツバチ、セイヨウミツバチの定置養蜂に取り組む。現在はニホンミツバチ20群、セイヨウミツバチ11群を飼育し、年に一度、7月から10月にかけて巣の大きさを見ながら、一群当たり約5~7キロの蜂蜜や蜜ろうを採取する。養蜂仲間が増えればと思い、巣箱の作り方や飼育方法を教えたり、群を分けたりして養蜂のネットワークを作っている。

【問い合わせ先】
南山城村役場 むらづくり推進課 ☎0743-93-0560
南山城村移住交流スペース やまんなか ☎0743-94-0666

 

 

【終了】南山城村で紅茶作りをめぐる一日

66696445_1337630323079222_1134534779677442048_n

南山城村で中窪耕司さんがつくる「京都南山城紅茶」。ストレートで飲みやすい和紅茶として知られ、過去にコンクール受賞したこともある、評価の高い紅茶です。
毎年恒例となりました「南山城村で紅茶作りをめぐる一日」。
3年目となる今回は、耕司さんから紅茶作りを受け継がれている息子さんがメインとなって、和紅茶の世界を案内して下さいます!

このイベントでは茶葉の手摘み・製茶工場見学、和紅茶の飲み比べを体験して頂きます。
今年初の試み【飲み比べ】は従来の2品種に加え、新しい3品種の計5種類をテイスティングします。
新品種は今回が初お披露目。貴重な体験になること間違いなしです!

———————————————————-
日時 : 2019年8月4日(日) 10:15~15:30
参加費: 2500円
服装 : 汚れても良い服装、タオル、帽子など暑さ対策
定員 : 16名 ※ 先着順
集合場所:南山城村移住交流スペース「やまんなか」
Map:https://goo.gl/maps/TQ5TYrfgSTL2

【スケジュール】
10:15 集合&受付
10:45 茶摘み体験@中窪製茶園の茶畑
12:00 昼食 @移住交流スペースやまんなか
13:30 製茶現場の見学@旧・田山小学校内
14:00 和紅茶5種のみ比べ@移住交流スペースやまんなか
15:30 解散予定

【交通手段】
※電車でお越しの方は、JR月ヶ瀬口駅から村営バスに乗り「宮の前」で下車して下さい。バス停から徒歩1分ほどで集合場所です。
(バスは2~3時間に1本程度のダイヤですのでご注意下さいませ。)
▼バス時刻表
http://www.vill.minamiyamashiro.lg.jp/cmsfiles/contents/0000001/1538/timetable(takayama)H29.10.15.pdf

※お車でお越しの方は、「農村婦人の家」駐車場をご利用下さい。
map:https://goo.gl/maps/yJMTgr7dT3r

【お申込み方法】
murapura163@gmail.com まで下記の内容をお送りください。

・お名前(ふりがな)
・電話連絡先
・メールアドレス
・参加人数(複数の場合)
・交通手段(車 or 電車)

※ 受付完了の返信メールをもちまして、ご予約完了です。
※ 返信メールが来ない場合
お手数ですが「返信用メールアドレス」の記載内容、メールの受信設定をご確認のうえ、再度送信してください。
※ ご予約完了後、欠席をされる場合は、同メールアドレスまでお知らせください。
———————————————————-

 

 

【終了】山の上で過ごす夏の一日

66463380_1338287709680150_7345110828892291072_n

南山城村・野殿と童仙房は、標高500mの山の上にある高原のような集落。朝晩の寒暖差が大きいため、お米や果物など作物が美味しく育つそうです。
今回は野殿にある、無農薬栽培の植田ブルーベリー農園で収穫を楽しんだあと、お隣の 童仙房にある「山のテーブル」でこの日だけの特別メニューでランチ、その後ギャラリー「Arabonアラボン」など周辺を散策します。涼しい山の上で、爽やかな夏の一日を楽しみましょう。

追記:当日限定で、童仙房在住の「ハト畑」さんのお野菜たちが山のテーブルに並びます!

日時 :7月20日(土) 10:00~16:00ごろ
参加費:2,300円※ブルーベリーのお持ち帰りには別途費用が必要です。
定員 :12名 ※ 先着順
集合場所:やまなみホール ※JR大河原駅から徒歩5分
Map:https://goo.gl/maps/4QfZE8cxcbH2

【タイムスケジュール】
10:00 集合&受付@やまなみホール
10:30 ブルーベリー摘み@植田ブルーベリー農園
12:30 昼食 @山のテーブル
13:30 Arabonさん他、童仙房を散策
16:00 解散

「山のテーブル」Webページ:https://www.yamanotable.com/
「Arabon」FBページ:https://ja-jp.facebook.com/arabonbon/
「ハト畑」webページ:https://hatobatake.net//

【お申込み方法】
murapura163@gmail.com まで下記の内容をお送りください。

・お名前(ふりがな)
・電話連絡先
・メールアドレス
・参加人数(複数の場合)
・交通手段

※ 受付完了の返信メールをもちまして、ご予約完了です。
※ 返信メールが来ない場合
お手数ですが、送って頂いたメールアドレス、メールの受信設定をご確認のうえ、再度送信してください。
※ ご予約完了後、欠席をされる場合は、同メールアドレスまでお知らせください。

【問い合わせ先】
南山城村役場 むらづくり推進課 ☎0743-93-0560
南山城村移住交流スペース やまんなか ☎0743-94-0666

 

【終了】夏を乗り切る梅酵素シロップづくり

35344786_1774243536003773_3293497707028545536_n

コロコロと可愛い梅が実る季節になりました。
無農薬で育てられた梅を使った、梅酵素シロップづくりの会を開きます。

酵素シロップの特性は、梅だけではなく旬の野草も一緒に漬けて、その酵素のパワーを活かすことです。漬けてしばらくすると、シュワシュワと泡立ち、酵素が働き始めます。
今回は、村のなかを散策して野草を摘みに行きます。薬効のあるヨモギやユキノシタ、ドクダミやシソなども採取できます。

日時:6月29日(土)13時30分
参加費:2,500円・2ℓ瓶を持参の方は1,700円
定員:12名
持ち物:野草を入れる袋、エプロン
※瓶を持参される方は2ℓのものをご用意ください。
集合場所:「やまんなか」京都府相楽郡南山城村大字田山小字上フケ10-4
map→https://goo.gl/maps/dXKET9EY86m

【お申込み方法】
murapura163@gmail.com まで下記の内容をお送りください。

・お名前(ふりがな)
・電話連絡先
・メールアドレス
・交通手段
・こちらで用意する瓶の 要・不要

※ 受付完了の返信メールをもちまして、ご予約完了です。
※ 返信メールが来ない場合
お手数ですが「返信用メールアドレス」の記載内容、メールの受信設定をご確認のうえ、再度送信してください。
※ ご予約完了後、欠席をされる場合は、同メールアドレスまでお知らせください。

【問い合わせ先】
南山城村役場 むらづくり推進課 ☎0743-93-0560
南山城村移住交流スペース やまんなか ☎0743-94-0666

 

【終了】3周年!バカボン先生の野草の会@やまんなか

 

Untitled collage (9)

 

南山城村では、ヨモギやノビル、ハコベ、タンポポなど、春の野草がたくさん見られています。
今年もバカボン先生による野草の会を開きます。

日時:5月26日(日)10時30分
※電車でお越しの方はJR月ヶ瀬口駅から無料バスが出ておりますので、ご利用ください。
参加費:2,500円(要予約)
持ち物:野草を入れる袋、エプロン
集合場所:「やまんなか」京都府相楽郡南山城村大字田山小字上フケ10-4
map→https://goo.gl/maps/dXKET9EY86m

【お申込み方法】
murapura163@gmail.com まで下記の内容をお送りください。

・お名前(ふりがな)
・電話連絡先
・メールアドレス
・交通手段

※ 受付完了の返信メールをもちまして、ご予約完了です。
※ 返信メールが来ない場合
お手数ですが「返信用メールアドレス」の記載内容、メールの受信設定をご確認のうえ、再度送信してください。
※ ご予約完了後、欠席をされる場合は、同メールアドレスまでお知らせください。

【問い合わせ先】
南山城村役場 むらづくり推進課 ☎0743-93-0560
南山城村移住交流スペース やまんなか ☎0743-94-0666

【当日のスケジュール】
①10:30に「やまんなか」集合
②バカボン先生から野草についての説明
③みんなでお料理開始
④14:00ごろに食事会
⑤周辺の野草を摘みに散策
⑥出来る方はお片付けもして頂けると、助かります!

【注意事項】
※お飲み物はあまり用意していませんので、お好きな物をご持参ください。
※お料理のメニューはたくさん種類があります。分担を決め過ぎず、やりたい作業をやるようにして下さい。
※お車でお越しの方は、会場向かいの田山小学校の校庭へ駐車して下さい。スタッフがご案内します。

 

【終了】南山城村で紅茶をめぐる一日

Untitled collage (11)

南山城村で中窪耕司さんがつくる「南山城村紅茶」。ストレートで飲みやすい和紅茶として知られ、過去に日本茶AWARDというコンクールで審査員奨励賞を受賞したこともある、評価の高い紅茶です。

今回はこの茶葉の手摘み体験・製茶工場見学、お茶の煎れ方講座を通してお茶の魅力に迫るイベントです。

 

【べにふうき手摘み体験】

8時半にお茶摘みスタート!今回摘むのは「べにふうき」という紅茶に向いた品種で、少し赤みがかった茶葉です。積んだ茶葉はお持ち帰り頂けます。

お昼ごはんは、「やまんなか」で涼みながら、夏野菜カレーを食べましょう☆

お腹いっぱいになった後は、【木造の廃校でつくる南山城紅茶製造現場の見学】です。

摘んだあとの茶葉は、発酵させて揉捻機にかけて乾燥させて紅茶が完成します。

旧・田山小学校にある製茶工場を見学しながら、中窪さんご本人から、この「南山城村紅茶」の誕生秘話や紅茶作りの工程についてお話していただきます。

その後は、やまんなかにて【村茶ぼたもち付き・お茶の煎れ方講座】です。

お茶を煎れるとき、お湯の熱さは何度にしていますか?

息子さんの中窪貴文さんに、紅茶と煎茶の美味しい煎れ方を教えていただきます。

さらに、道の駅名物・「村茶ぼたもち3種セット」も一緒に食べます。

濃~い抹茶・香ばしいほうじ茶・ぼた餅の王道小豆、どれも美味しいですよ!

 

【講師プロフィール】

中窪耕司さん

中窪製茶園の4代目。過去の京都府茶品評会にて、煎茶部門一等受賞歴多数。2015年には農林水産大臣賞を受賞。2012年には「南山城村紅茶プロジェクト」を発足。その南山城紅茶が「日本茶AWARD2015」で審査員奨励賞を受賞。さらに「手もみ保存会」の会長として、製茶技術を磨くための手もみ茶の技術伝承をされるなどホンモノづくりを追求されている。2015年度宇治茶製法手もみ技術競技大会優勝。

インタビュー記事:http://bt-nippon.or.jp/minami-yamashiro/ujicha/

 

【「やまんなか」について】

昨年春オープンした南山城村住交流スペース「やまんなか」。

ここは、村の移住と交流の窓口として、村民の暮らしぶりや移住後の暮らしをリアルにキャッチできる場所。そして、地元民と移住者と移住希望者とが一緒に語り合い、村の新たな動きを想像していく場所です。いつも様々な方がここを訪れ、賑わいを作ってくれています。

 

日時 : 8月5日(日) 10:15~15:00

参加費: 2500円(紅茶、昼食代、お菓子代、講座代を含む)

※学生は1500円で参加できます

服装 : 汚れても良い服装

定員 : 16名 ※ 先着順

集合場所:南山城村移住交流スペース「やまんなか」
Map:https://goo.gl/maps/TQ5TYrfgSTL2
【タイムスケジュール】

10:15 集合&受付

10:30 茶摘み体験@中窪製茶園の茶畑

12:00 昼食 @移住交流スペースやまんなか

13:30 製茶現場の見学@旧・田山小学校内

14:00 貴文さんのお茶の煎れ方講座

15:00 解散

 

 

【交通手段】

※電車でお越しの方は、JR月ケ瀬口駅からバスに乗り継ぎ、
「宮の前」で下車して下さい。徒歩1分ほどで会場です。
▼バス時刻表
http://www.vill.minamiyamashiro.lg.jp/cmsfiles/contents/0000001/1538/timetable(takayama)H29.10.15.pdf

※お車でお越しの方は、「婦人の家」駐車場をご利用下さい。
map:https://goo.gl/maps/TnxpKvDYQbS2

【お申込み方法】
《!》FBの参加ボタンではご予約頂けません。
murapura163@gmail.com まで下記の内容をお送りください。

・お名前(ふりがな)
・電話連絡先
・メールアドレス
・参加人数(複数の場合)
・交通手段

※ 受付完了の返信メールをもちまして、ご予約完了です。
※ 返信メールが来ない場合
お手数ですが「返信用メールアドレス」の記載内容、メールの受信設定をご確認のうえ、再度送信してください。
※ ご予約完了後、欠席をされる場合は、同メールアドレスまでお知らせください。

 

【問い合わせ先】
南山城村役場 むらづくり推進課 ☎0743-93-0560
南山城村移住交流スペース やまんなか ☎0743-94-0666

【終了】☆☆むらぷら農地リノベ計画(プロジェクト)☆☆

~ 20人のスコップで耕作放棄地の再生♬ ~

27867066_962773930564865_4106713763766226767_n

「耕作放棄地」を人海戦術で再生してみませんか?

ほぼ「森」になってしまった「耕作放棄地」を、村内の空き家から出てきた農工具(ノコギリ・チェーンソー・草刈り機・手鎌・スコップ・三本鍬など)を利用して、お金をかけずに「農地復活」を試みます♬

そうして再生できた農地を、今後は複数の仲間たちで管理する「シェア農地」とか、新たな特産品を生産するための「お試し栽培地」として活用するなど、いろんな可能性を考察するワークショップも行います☆

また実際に移住されて来た方の農園見学ツアーも行い、南山城村で農業を行う上での環境的アドバイスをいただこうと思っています☆

「移住」「田舎暮らし」「ちょい住み」などのキーワードが気になる方々が集まって、一緒に作業しながら交流できるので、新たなコミュニティが生まれる場になると思います☆
ワイワイ気楽に作業をすすめながら、みんなで楽しい時間を過ごしましょう♬

村内外問わず、様々なチカラと智恵を最大限活用して、オモシロい事を起こします☆ あなたも、その一員になってみませんか?

【日時】3月10日(土) 移住者の農地見学ツアー付き
3月11日(日) 農地利活用のためのWS付き

(※作業時間は、各回 9:30~15:30くらい)

【定員】 各回 10名

【参加費】各回 1,000円(昼食代含む)

【参加予約方法】
《!》FBの参加ボタンではご予約頂けません。
murapura163@gメール まで下記のメッセージをお送りください。

◎件名「むらぷら農地リノベ計画」
◎本文への入力事項
・ご希望の回
① 3/10
② 3/11
③ 両日とも
・お名前(ふりがな)
・性別
・生年月日
・ご住所
・電話連絡先
・メールアドレス

※ 受付完了の返信メールをもちまして、ご予約完了です。
※ 返信メールが来ない場合…
お手数ですが「返信用メールアドレス」の記載内容、メールの受信設定をご確認のうえ、再度送信してください。
※ ご予約完了後、参加回の変更や欠席をされる場合…
同メールアドレスまでお知らせください。

〈注意事項〉
・天候等により、日程・内容を変更する場合がございます。その際には事前に電話などで連絡いたします。
・当日は、作業着・ツナギなど汚れても大丈夫な服装をご用意ください。

【問い合わせ先】
南山城村役場 むらづくり推進課
0743-93-0560
南山城村移住交流スペース やまんなか
0743-94-0666

~ 農地リノベ計画(プロジェクト)の企み ~

このワークショップを主催する南山城村・移住定住推進員は、移住者の生活スタートアップの支援や、住み続けているうちに出てくる問題解決のためのフォローアップを行っています。
これまで、地域課題となっている空き家の利活用を進めるためのお片づけイベントやDIYイベントなどを行い、関係人口を増加させてきました。このいい流れをさらに加速させるべく、今年は空き家と同様に地域課題となっている耕作放棄地についての取り組みを新たにはじめることとしました。
現在、村内の農地が高齢化や担い手不足によって耕作放棄地になっていっており、その結果、景観の悪化、害虫の発生、動物が巣を作ってしまうなどさまざまな問題を引き起こしています。
一方で村の移住希望者や都会に住む人たちの中には、農業や農的暮らしをしたいという人が多く存在します。そこで今回興味がある方へ広く呼びかけて、耕作放棄地を復活させるイベントを実施することにしました。合わせて村内にすでに移住して農業をしている方たちの農園を見学したり、復活させた耕作放棄地をどのように活用していくか考えるワークショップも実施します。
人生において重要な衣食住の「食」に関わる耕作放棄地を再生する経験を積みに来ませんか?同時に、南山城村の豊かな自然環境や資源を実感していただく機会となれば幸いです。

【終了】村のおばちゃん直伝!こんにゃくづくり

できたてのこんにゃく、食べたことありますか?

京都府南山城村の道の駅で、売れまくっている「おばちゃんこんにゃく」。

その名の通りパッケージには、作り手であるおばちゃん達の笑顔が並んでいます。

今回はなんと、そのおばちゃん達「深みどりグループ」さんに、直伝でこんにゃく作りを教わります!

こんにゃく芋unnamed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南山城村は昔から茶畑が並ぶお茶の産地ですが、茶畑の脇には、こんにゃく芋を植えていたと聞きます。

適度な大きさになるまで、植えては掘り出して保存し、冬を乗り越えたらまた植える・・を繰り返し。

村では沢山の人が集まる時には、こんにゃくを作ってもてなしたそうです。

講師をしていただく「深みどりグループ」さんは、平均年齢80歳、結成50年以上という歴史を持つおばちゃん達です。いつも「これから道の駅に出品や~」「明日はこんにゃく作り、その後で畑でな~」と忙しそう。でも、いつも笑顔でお話してくれる気さくな皆さん。

今回は、普段こんにゃく作りをされている調理室で「こんにゃくづくり教室」のあと、昨年5月にオープンした交流スペース「やまんなか」にて、こんにゃくのお刺身やお惣菜など、お昼ごはんをみんなで囲みます。

さらに、特別に「木灰(きばい)」を使ったこんにゃく作りにも、一部チャレンジします!

木灰とは、文字通り木を燃やした時にできる灰のことで、こんにゃく芋のアクを抜く時に使います。

こういった天然素材でこんにゃくを作っていたのは、80年以上前のこと。おばちゃん達にとってもあまり経験のないことのようですが、どんな仕上がりになるか、みんなで挑戦してみましょう。

 

【日時】平成30年2月25日(日)10時15分集合

【集合場所】田山婦人の家   Map:https://goo.gl/maps/6maQam4RnGy   ※電車でお越しの方は、「JR月ヶ瀬口駅」に9:57着の電車でお越しください。車でお迎えに行きます。

【参加費】おとな2,700円(材料費、昼食代、お持ち帰り用こんにゃく代含む)  こども2,000円 ※お子様の昼食が不要な場合は、個別にご相談ください。

【定員】10名

【申込み方法】下記のアドレスに、①氏名 ②人数 ③電話番号 ④交通手段 を送信ください。

送信先アドレス:murapura163@gmail.com

【服装】エプロン・三角巾・タオル

【タイムスケジュール】

10:15 集合&受付 @婦人の家

10:30 こんにゃくづくり教室

12:30 移動&お昼ごはん @やまんなか

14:00 解散 ☆ご希望の方は「道の駅みなみやましろ村」までお連れ致します。

【お問い合わせ先】

南山城村移住交流スペースやまんなか

TEL:0743-94-1666

MAIL:murapura163@gmail.com

 

 

【終了】相楽暮荘いなか暮らし教室-おもろい移住者と語らう集い
京都府南部 笠置町・和束町・南山城村 現地ツアー

i23473009_1535616806552321_529980434642521397_n

京都府唯一の村で童心に返ってみませんか?
相楽東部3町村(笠置町・和束町・南山城村)の移住・いなか暮らしに関連する活動をしている方々との大交流会を開催します!会場は南山城村の旧田山小学校。いろんなお話をしていただく移住呼びかけ人の皆さんを先生役に、参加者は生徒役になりきって楽しみたいと思います!
日 程 :  2017年12 月10 日( 日) 開催決定

時 間 :  11:30~15:45

電車の方 :  JR月ケ瀬口に11:03に集合(JR加茂駅から亀山行10:41発→月ケ瀬口駅11:03着)

お車の方 :  会場の旧田山小学校まで車でお越しの際は11:25に現地集合

解 散 :  15:45会場にて解散後、JR月ケ瀬口まで送迎  (JR加茂駅行 月ケ瀬口駅16:14発)

場 所 :  南山城村 旧田山小学校
〒619-1421 京都府相楽郡南山城村田山中シヨジ ※ J R でお越しの方は送迎あり

参加費 :  2 , 0 0 0 円(予定)

主 催 :  京都府山城広域振興局

お申込 :  https://formcreator.jp/answer.php?key=xGeXiqrkSg6AVOF0vA2kuw%3D%3D

 

【時間割】

11:30~12:15 朝の会 : 地域説明・自己紹介
12:15~13:45 お昼ごはん 南山城村で山田さんの椎茸農家体験
13:45~14:15 1時間目 : 南山城村のfrontというイタリアンを営む岡田さんのお料理で昼食
14:15~14:45 2時間目 : 笠置町の坂本さん一家による田舎子育て話
14:45~15:15 3時間目 : 和束町の先輩移住者5名による、田舎暮らし大喜利
15:15~15:45 終わりの会 : 質疑応答・感想
*1時間目から3時間目までは、移住呼びかけ人の方々が先生となって上記の内容で講義を行います!
20分ほどお話を聞いた後、10分ほど各先生や各町村についての質疑応答のお時間を設けます。

【移住呼びかけ人とは】
相楽東部3町村(笠置町・和束町・南山城村)の移住生活の魅力を皆様にお伝えするべく、京都府(山城広域振興局)が認定した移住者です。現在は12名(笠置町2名、和束町6名、南山城村4名)います。UターンやIターンの方、またお仕事も様々な方がいます
詳しくお話を聞いてみたい方は、ぜひ今回の現地ツアーイベントにご参加ください!
移住呼びかけ人の方の詳しい紹介はこちら
http://soraku-iju.jp/yobikakenin

 

 

 

 

【開催中止】葉っぱde豆皿づくりとお母さん直伝・鯖寿司づくり

 

先日の台風21号の影響と、今週末に予想されている台風22号の影響による土砂災害の危険性や交通機関の運休等が予想されるため、10月28日(土)に予定しておりました、「南山城村・村民交流ツアー」を中止とさせていただくことになりました。

参加を検討されていた皆さまには、心よりお詫び申しあげます。

改めてイベントを企画する際には、またご案内させて頂きます。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

 CRW_8218

22425722_1511041405657322_1328225601_o

あなたも南山城村の魅力を満喫しに来ませんか?

村に移住したトロッピカル窯さんで葉っぱを使った豆皿づくり体験、村の食材を使ったイタリアンFRONTでのランチ、そして村のお母さんから教わる伝統の鯖寿司づくりと、1日で村の暮らしや人に触れ合えるツアーです。

 

まずは村巡りからスタートします。村内にギャラリーを構えるトロッピカル窯さんの陶芸工房を訪ねて【葉っぱ de 豆皿づくり】を体験します。

工房の裏の森で、好きな葉っぱを摘み取り、それを模様にしてかわいい豆皿を作ります。お皿の形を葉っぱにしたり、模様に合わせて釉薬の色を選んだり、工夫次第でオリジナルのお皿が完成します。隠れた名所であるギャラリーは、一旦入ったらしばらく出られません。時間厳守でお願いします。

 

その後は、【イタリアンカフェfront(フロント)さんでお昼ごはん】

イケメンシェフ岡田さんが地元の食材を使った美味しいパスタを用意して下さいます。物置を改修したとは思えない様な店内は一見の価値あり。

 

そして【村のお母さん直伝・鯖寿司作り】を体験します。

本来、鯖寿司は合わせ酢に1日間、長い人は3日間漬けておくものですが、今回は3分間クッキング方式で行います。まず鯖の捌き方や下処理の方法と合わせ酢に漬けるところまで学び、前もって1日漬けておいた鯖で、押し寿司を作っていきましょう。最後に、みんなで下処理した鯖を使って鯖のお寿司を握り、試食します。

できた鯖寿司は竹の皮に包んで持って帰っていただきます。翌日や翌々日に食べて、味の変化を楽しんでみてください。

 

日時 : 10月28日(土) 10:00~16:00

参加費 : 4,000円(豆皿体験代、昼食代、鯖寿司づくり体験代を含む)

※陶芸作品は焼成したあと、約1~2ヶ月後に郵送(着払い)させていただきます。

お近くにお住まいの方はトロッピカル窯で直接のお渡しも可能です。

定員 : 8名 ※ 先着順

場所 : 南山城村 押原地区・田山地区

集合場所 : やまなみホール駐車場 ※JR大河原駅から徒歩5分

MAP:https://goo.gl/maps/tXTVExT2o792

 

【タイムスケジュール】

10:00 集合&受付

10:30 葉っぱde小皿づくり体験@トロッピカル窯

12:00 昼食 @FRONT

13:30 村のお母さん直伝 鯖寿司作り体験@やまんなか

15:30 鯖の握りずし試食

16:00 解散 ※JR大河原駅まで送迎します

 

【申込み方法】

「参加ボタン」を押していただき、以下の内容をメールで送信して下さい。

①お名前 ②ご参加人数 ③交通手段 ④電話番号

メール送信先:murapura163@gmail.com

【申込み期限】

10月24日(火)まで

 

【こんな人におすすめ】

・地域の伝統や郷土料理に興味がある人

・村暮らしに興味がある人

 

【村の移住者が活躍するトロッピカル窯 & カフェレストランFRONT】

南山城村は、ものづくりを生業とする移住者が集まってくる場所として、雑誌「TURNS」にも取り上げられたことがあります。

今回はそのなかでも、愛知県からアトリエごと移住してきた陶芸作家・藤田敬さんの「トロッピカル窯」と、京都府東山の老舗イタリア料理店で修行を積んでから南山城村に移住した岡田良太さんが営むカフェレストラン「FRONT」 の2箇所を巡ります。

村外の暮らしも経験している移住者たちによる、村の魅力を存分に生かした陶芸体験と、地元産の食材を使ったおいしい料理を通じ、様々な角度からの南山城村が満喫できます。

 

【鯖寿司づくりについて】

南山城村・大河原地区に祀られている縁結びの神様で有名な恋志谷神社。ここで毎年行われる秋祭りの時期には、各家でお母さん達が鯖寿司をこしらえます。山々と川に囲まれたこの地域で続く、食の継承。母から娘へ、姑から嫁へ、その家オリジナルの鯖寿司の作り方が伝えられてきました。ある家はすし飯多めのドッシリ型に、ある家は細長い型に、小さく握るお寿司型に。すし飯や鯖を漬ける味付け、使う型など、オリジナリティを出す幅はいくらでもあります。

今回は優しい「村のお母さん」と呼びたくなるような森本さんに、鯖寿司の作り方を教わります。

そしてアシスタントは森本さんとご近所の阪井さん。お二人ともとっても良くお互いのことを知っていて、とっても仲良しです。和気あいあいとした雰囲気で鯖寿司づくりを体験しましょう。

 Facebookイベントページはこちら

 

【終了】紅茶のための茶畑手摘み体験と、お茶をめぐる一日

collage_photocat

先月末MBS「ちちんぷいぷい」に出演された、中窪耕司さんがつくる「南山城村紅茶」。

ストレートで飲みやすい和紅茶として知られ、過去に日本茶AWARDというコンクールで審査員奨励賞を受賞したこともある、評価の高い紅茶です。さらに手摘みすることで、茶葉の品質が整い、より良いお茶ができるそうです。今回はこの茶葉の手摘み体験・製茶工場見学、お茶の煎れ方講座を通してお茶の魅力に迫るイベントです。

 

【べにふうき手摘み体験】

お茶農家さんの一日は早朝から始まります。

8時半にお茶摘みスタート!みんなで30kg(製茶するために必要な量です)を目標に、手で摘んでいきます。今回摘むのは「べにふうき」という紅茶に向いた品種で、少し赤みがかった茶葉です。

お昼ごはんは、「やまんなか」で涼みながら、夏野菜カレーを食べましょう☆

お腹いっぱいになった後は、【木造の廃校でつくる南山城紅茶製造現場の見学】です。

摘んだあとの茶葉は、発酵させて揉捻機にかけて乾燥させて紅茶が完成します。

旧・田山小学校にある製茶工場を見学しながら、中窪さんご本人から、この「南山城村紅茶」の誕生秘話や紅茶作りの工程についてお話していただきます。

その後は、やまんなかにて【村茶ぼたもち付き・お茶の煎れ方講座】です。

お茶を煎れるとき、お湯の熱さは何度にしていますか?

息子さんの中窪貴文さんに、紅茶と煎茶の美味しい煎れ方を教えていただきます。

さらに、道の駅名物・「村茶ぼたもち3種セット」も一緒に食べます。

濃~い抹茶・香ばしいほうじ茶・ぼた餅の王道小豆、どれも美味しいですよ!

 

【講師プロフィール】

中窪耕司さん

中窪製茶園の4代目。過去の京都府茶品評会にて、煎茶部門一等受賞歴多数。2015年には農林水産大臣賞を受賞。2012年には「南山城村紅茶プロジェクト」を発足。その南山城紅茶が「日本茶AWARD2015」で審査員奨励賞を受賞。さらに「手もみ保存会」の会長として、製茶技術を磨くための手もみ茶の技術伝承をされるなどホンモノづくりを追求されている。2015年度宇治茶製法手もみ技術競技大会優勝。

インタビュー記事:http://bt-nippon.or.jp/minami-yamashiro/ujicha/

 

【「やまんなか」について】

今年5月にオープンした南山城村住交流スペース「やまんなか」。

ここは、村の移住と交流の窓口として、村民の暮らしぶりや移住後の暮らしをリアルにキャッチできる場所。そして、地元民と移住者と移住希望者とが一緒に語り合い、村の新たな動きを想像していく場所です。いつも様々な方がここを訪れ、賑わいを作ってくれています。

 

日時 : 7月25日(火) 8:10~15:00

参加費: 2500円(紅茶、昼食代、お菓子代を含む)

※学生は1500円で参加できます

※手摘みした茶葉で作った紅茶を後日郵送します

服装 : 汚れても良い服装

定員 : 30名 ※ 先着順

場所 : 南山城村 田山地区

集合場所:やまんなか ※詳細は参加確定後に案内

 

【タイムスケジュール】

8:10 集合&受付

8:30 茶摘み体験@中窪製茶園の茶畑

12:30 昼食 @移住交流スペースやまんなか

14:00 製茶現場の見学@旧・田山小学校内

14:30 貴文さんのお茶の煎れ方講座

15:00 解散

 

【送迎について】

JR月ヶ瀬口駅まで送迎可能です。朝7:57着(伊賀方面からは7:44着)の電車でお越しください。

【参加お申込み・お問い合わせ】
南山城村むらづくり推進課 0743-93-0560(平日8:30~17:00)

FaceBookイベントページ:https://www.facebook.com/events/1857107584607911/?acontext=%7B%22ref%22%3A%22108%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D

【終了】むらぷら ウッドデッキdiy@やまんなか

19030444_1496342273763606_7231883079771116157_n

むらぷら企画 次のWSは「ウッドデッキ製作」!!

「この施設のウッドデッキ作りを通して、村の魅力を体感してみませんか?」
今年5月にOPENした南山城村移住交流スペース「やまんなか」。ここは、村への移住と交流の窓口として、村民の暮らしぶりや移住後の暮らしをリアルにキャッチできる場所。そして、地元民と移住者と移住希望者とが一緒に語り合い、新たな動きを創造していく場所。その「やまんなか」の屋外にウッドデッキを張り、新たな多目的スペースとして活用していきます。作業はDIYで行い、「やまんなか」の新たなストーリー作りに関わってくださる仲間を募集します☆

前回(6/3)の「柿渋 染め&塗りWS」で塗っていただいたデッキ材を、実際に屋外スペースに張っていきます☆

【日時】 6月18日(日) 9:30 ~15:30
【場所】 南山城村移住交流スペース「やまんなか」
京都府相楽郡南山城村田山上フケ10-4

【定員】  12名 ※先着順
【参加費】 1200円 (※ お弁当&保険代含む)

※ 当日は汚れても大丈夫な服装をご用意ください。また、水分補給などの休憩を適宜取るよう各自体調管理をお願いします。

※解散後、現地から車で約10分の「月ヶ瀬温泉」に行く予定です。(別途500円が必要)

※夜はゲストハウス奈良日和りにて、交流会を行います☆

【送迎について】
ゲストハウス奈良日和り から送迎できます。(人数制限あり)
※奈良日和りを 8:30出発!帰りは、月ヶ瀬温泉経由になります。

【宿泊について】
もしも宿泊を希望される場合は、ゲストハウス奈良日和りにて宿泊可能です。気楽にご連絡ください。

【交流会について】
交流会に参加される方は、事前にお知らせください。(※参加費別途)また、お酒などのドリンク類は各自お持込みください。

詳細はこちら

 

 

【終了】むらぷら~トミヤマさんから学ぶ柿渋の世界と染め・塗りのWS~

タイトルなしのコラージュ (3)

南山城村にある株式会社トミヤマさん。
今回は冨山さんから、塗料や民間薬など、各分野で実用化されている柿渋の魅力をお話していただき、実際に柿渋で布を染めたり、ウッドデッキ用の木材に塗ったりするイベントです。柿渋は木材を守るための防腐剤として高い効果をもっており、貴重な文化財や古民家でも使用されています。さらにトミヤマさんでは、自然発酵のほかに、柿酵母による酵母発酵の製造過程があり、さらに熟成させています。そのような方法で柿渋の製造を行っているのは、全国でも数件です。その希少な産業を担う人物から直接お話を聞けるのは、またとない機会だと思います。
まず冨山さんから知られざる柿渋のチカラについてお話しいただき、布を染める体験をします。お家にある白いTシャツなどをお持ち頂ければ、自由に柿渋で染めていただくことが可能です。また、トミヤマさんから生地を購入することも可能です。※タオル生地のお持込みはご遠慮下さい。
お昼ごはんのあとは、ウッドデッキ用の木材に柿渋を塗ります。

日時 : 6月3日(土) 9:30~16:30
参加費: 3000円(染め体験料と冨山さんからのお土産、昼食代を含む)
※生地を購入の場合は、別途料金が必要
服装 : 汚れても良い服装(柿渋塗料が付着する可能性あり)
定員 : 12名 ※ 先着順
場所 : 南山城村 本郷地区・田山地区
集合場所:やまなみホール ※詳細は参加確定後に案内
【タイムスケジュール】
9:30  集合&受付
9:45  講座・染め体験 @株式会社トミヤマ
12:00 昼食 @移住交流スペースやまんなか
13:00 講座・塗り体験
16:00 片付け
16:30 解散※解散後、現地から車で約10分の「月ヶ瀬温泉」に行く予定です。(別途500円が必要)

 

 

 Photos-0132

南山城村に移住してきた方とじっくりお話ができるツアーを企画しています。
今回は、素敵なアトリエに佇む藤田さん&今ちゃん、村の高原でトマト畑を営む努力家の坂内さんが来てくださいます!
村暮らしについて、リアルなお話が聞ける機会なので、ぜひご参加ください。

日時
平成29年2月25日(土)10:00~15:30

内容
☆陶磁クリエイター藤田敬さんのアトリエ「トロッピカル窯」にて、プチ陶芸体験
☆田山地区に住まう元お相撲さん直伝のイノシシ鍋で交流会
☆移住呼びかけ人の方との座談会

詳細はこちら

 

 

 

 

—————————————————————————————————

14611020_1241715645895112_5317322179480404842_n

 

平成28年11月19日(土) at 旧田山小学校

OPEN 18:00/CLOSE 21:00

ゲストトーク : 坂本大祐 (OFFICE CAMP 東吉野)
ライブ : APOTHEKE (南山城村)

★空き家内覧ツアー開催! 17:00-18:00第1回目のテーマは、生活の基礎「住まい」。地元に生きる若者たち、Uターン、Iターン、ノマド etc. 地方に住むことを選んだ人々は、どうやって自分らしく住む場所を探し、見つけ、住まう環境を作り上げたのか。

ゲストトークに、オフィスキャンプの試みから奈良県東吉野村の生態系を変えているデザイナー「坂本大祐」氏!

さらに音楽イベントで南山城村に新しい時間をつくるAPOTHEKEがライブ!

FBイベントページ : https://www.facebook.com/events/1601052956862599/?active_tab=about
チケット 1,500円

ご予約 ✉️letusplay163@gmail.com
☎︎080-4662-6517 (増田)

送迎  【旧田山小学校行き】月ヶ瀬口駅17時45分発
【月ヶ瀬口駅行き】旧田山小学校21時15分発

★空き家内覧ツアーの集合時間・場所など詳細はお問い合わせください。

お問合せ ✉️letusplay163@gmail.com
☎︎080-4662-6517 (増田)

14264135_1214815835249586_4054718686864458612_n

床組み・床張り・一からの土壁作り(竹組み作業も含む)・土壁塗り・解体など一連の作業工程を、3日間でフルに体験していただけます。

【日 時】10月15日(土) 10月16日(日) 10月23日(日) 各回9:30~16:00
(各回 12:00~13:00はお昼休み)
【定 員】各回 約10名  ※先着順
【参加費】各回 3500円(昼のお弁当・保険代含む)  ※全3回参加の場合 9000円

【参加予約方法】
ご予約先メールアドレス「noja.tdm900★gmail.com」(★を@に変更してください)に、下記のメッセージをお送りください。
◎件名「むらぷらリノベ計画」
◎本文への入力事項
・ご希望の回
① 10/15
② 10/16
③ 10/23
④ 全3回
・お名前
・生年月日
・ご住所
・電話連絡先
・メールアドレス
※ 受付け完了の返信メールをもちまして、ご予約完了です。
※ 返信メールが来ない場合…
お手数ですが「返信用メールアドレス」の記載内容、メールの受信設定をご確認のうえ、再度送信してください
※ ご予約完了後、参加回の変更や欠席をされる場合…同メールアドレスまでお知らせください。

facebookイベントページ:https://www.facebook.com/events/935080096598671/

 

 

14064270_657269791115282_5704038217958708520_n

8/24(火)10:00~15:00

平日ですが、もうすぐ改修工事が始まる空き家で土壁はがしを行います。壁を叩いて壊して、ストレス発散♪しに来てください。

詳しくは下記のFBイベントページをご覧ください。

https://www.facebook.com/events/1184374134948139

 

 

 13658967_642013285974266_491745403481709124_n

7/30(土)、31(日)、8/6(土)、7(日) の4日間、解体や壁塗り、床張りなどの作業を、専門家から学びながら進めていきます。

詳しくはイベントページをご覧ください。
https://www.facebook.com/events/506921802834238/

 

pagetop