> BLOG

農をテーマにコミュニティ作りをされている光澤さん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

光澤人美さん
地区名:本郷地区
移住年:2015

南山城村に移住して4年目、体験農園や有機野菜の宅配などを行っている「光ファーム」経営の光澤さん。

元々、農業とは全く関係ない仕事をされていましたが、現在ではこだわりの野菜作りをする傍ら、各地から人を集め農作業やお料理会など農や食に関する様々な体験イベントを開催し、さらには農業を学びたいという研修生の受け入れも行っています。

今回は独自の農業スタイルで活動されている光澤さんにインタビューさせていただきました。

投稿者:木村瑛美

村へ移住したきっかけは?

福井出身の光澤さん、大阪で20年以上農とは全く関係のない仕事をしていました。ところが40歳くらいの頃に知り合った人の農園を訪れたときにその光景に感動し「自分もやりたい」と思ったのが農を志したきっかけだったんだそうです。最初は京都北部の方へ移住し、全く農業の知識はないまま手探りで畑を始めたものの埒があかず、宇治市にある農業を学ぶスクールに通うことにしました。

「宇治にあるスモールファーマーズカレッジという社会人向けの農学校で有機栽培の勉強をさせていただいたんです。その学校で南山城村の押原地区で行われているそばの栽培・収穫体験の話を聞き、そちらにも一年間通わせていただきました。」その時に押原地区の皆さんと仲良くなって、家や畑を紹介してもらうことになったのだとか。

「まずは押原の水に惚れたんですよ。畑のある場所が木津川の源流に近いので根本的に水がきれいなんです。鉄分やミネラルがたっぷりで、その上生活排水もほとんどないですし。最初に移住した北部地域は大阪から遠かったのと、日本海側気候で冬に雪が降って隔離されたように感じて耐えられなくなったのもあって、こちらに移ることにしました。」

体験教室をきっかけに村のことを知り、住民と繋がりを築く中で家や畑まで紹介してもらったという光澤さん。いきなりの移住ではなく、少しずつ関係を築いていく中で信頼を得てそれから物件を紹介してもらうというのは、理想的な移住の一つの形かもしれませんね。

今の仕事について

光ファームの野菜は、村で昔から行われている慣行農法とは違う方法で育てられています。どうして農薬や化学肥料を使わずに野菜を育てるようになったのでしょうか。

「もともとは、アトピーとかアレルギー体質のお子さんを持つ親御さんたちから注文を頂いたという経緯があったんです。」できるだけ自然に近い形の野菜がいいという声に応えようと、最初は米ぬかや油かすなどの有機肥料を取り入れるところからはじめ、乳酸菌を発酵させた液や、固定種といわれる種を取り入れたりと、毎年様々な試行錯誤を繰り返してきました。そしてついに、今年は完全に自然農に近い状態に変えてしまう予定なのだそうです。

手間暇かけて育てている分、販売価格も高めに設定せざるを得ないという光ファームのお野菜。インターネット経由の宅配がメインということですが、どういった地域の方が購入されているのでしょうか。

「北は宮城とか栃木とか、南は熊本や大分もいてはりますね。以前はブログだけで宣伝していましたが、今はほとんどが知り合いとかになっています。」あとはフェイスブックなどで知らない方から「一回食べてみたいから送って」と連絡をもらうこともあるのだそうです。

現在は週2回ほどアルバイトをしているものの、来年からは専業でやっていけそうだとのこと。周りの畑との兼ね合いなどいろいろ苦労もあったそうですが、南山城村産の想いの込もった野菜が求められ、全国各地へ出荷されていくのは素敵なことだなあと思いました。

移住する上で、南山城村の良さは?

「ここから大阪まで1時間ちょっとで行けるんですよ。住む環境として自然の中で育てたら子どもたちにもいいでしょうし、買い物は不便ですがちょっとがんばれば通勤できなくもないので、そこはものすごくお勧めできると思います。」

「田舎特有の人間関係というのがあると言いますが、僕の住む地区はそうでもないと感じています。過干渉ではないので、(僕にとって)ストレスを感じるお付き合いがあんまりないっていうのは都会から来る人には入りやすいかなと思います。」

それでは、農業という面ではどうでしょうか?

「今使わせていただいているところは周りが何もないんで、騒ごうが何しようが大丈夫なんですよ。だから夏はバーベキューもできますし。獣害はありますがそれさえ気をつければ、割と自由にできる場所なんじゃないかなと思います。」

今後の展望は?

「最近本当に農業をやりたい方が多くて、実際私のところに勉強に来られてる方もいるので、そういった方々を受け入れる体制を強化したら移住者も増えると思うんです。有機農法とか同じスタイルでやりたい人が集まれば協力し合うことも可能だと思いますし。そんな移住者が増えていけば、村にずっと住んでいる人たちとも一緒にいろんなことができるんじゃないかなと思っています。」

また、「そのためには村内にもっと移住者を受け入れられる家や農地が増えたり、農業機械やその他農に関する情報を共有できるプラットフォームがあったりしたらいいのではないか。」「都会から近い立地を活かし、ドイツのクラインガルテンのように農地の貸出と宿泊施設を整え、週末農園みたいなことをしても活気付いていいんじゃないか。」など、農を通じた村の活性化について普段からいろいろ考えているのだとか。

「究極はコミュニティを作りたいんです。援農や体験イベントに来ていただく中で、農業や、ひいては伝統に関して考えていくような場所ができたらなあと。あとはできれば親子で来ていただいて、都会の環境からすると非日常な体験を一緒にする中で共通の話題ができ、そこから親子関係の改善に繋がればなあ、とか、そういったことを考えています。」

村を舞台に農を通じて人と人が繋がる場所作りを目指している光澤さん。

耕作放棄地の増加が問題になってきている中で、これから農業を志す方にむけて環境を整えつつ、うまく魅力を伝えることができれば、村も活気づいてさらに面白くなっていきそうだなと感じました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAこだわりの農法で育てられた野菜を販売しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA一般の人を集めて農業体験イベントも行っておられます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA固定種の種を使うなど、苗からこだわっているんだそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAとある神社の御神殿に植える用の苗を分けてもらい、村の人と共同で育てたお米。

pagetop
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。