> BLOG

小屋作りワークショップレポート 2日日

小屋作りWS_171116_0003

前回の記事に引き続き、小屋作りワークショップ2日目のレポートです。

>「小屋作りワークショップレポート初日」の記事はこちら

 

本日の作業予定は、軸組みと呼ばれる工程。
この日は「今日だけ都合がついたので参加したい」というメンバーが3名ほど加わっての作業スタートです。

 

23472223_1811126322512041_1588998844865766029_n

2日目開始。ここからどこまで出来上がるでしょうか。

小屋作りWS_171116_0022

見てください、この大量の木製パレットを!
講師の1人がすべて無料で提供してくださいました!

小屋作りWS_171116_0024

木製パレットはサイズがさまざまなので、いかに上手に組めるか検討して進めていきます。

小屋作りWS_171116_0021

講師陣「ね組」の紅一点、ヒカル嬢。いろいろ考えながら試行錯誤中。

 小屋作りWS_171116_0017

ちゃくちゃくと壁組みが進んでいきます。

5D27D4C3-CFC8-4F00-B590-DBA53884E862

木製パレットはサイズが統一されてないため、カットしてサイズ調整します。

加工後に組んでみると、2ミリほどずれていてうまくはまらず・・・。

小屋作りWS_171116_0019

低予算での小屋作りを実現するため、必要な材は木製パレットを解体して確保。

小屋作りWS_171116_0018

あちらこちらで試行錯誤が繰り広げられています。

小屋作りWS_171116_0014

ちょっとしたアクシデントもワークショップならでは☆

1CBF7174-AEAD-489B-AEEA-DDBEF5006FC3

ここで、午前中のワークが終了。

23380054_1811126289178711_466818212651397225_n

ランチはスパイシーカレーに特製ポテトサラダ。マヨネーズも自家製で美味しかったです。

この日もウッドデッキにて、みんなで食べました。

 

午後からも作業はどんどん進みます。

小屋作りWS_171116_0010

木製パレットをカットして、入り口のスペースを確保した上で組んでいます。

ECD1661A-B43F-469B-905F-072BCDAA66D0

入り口は空き家から出てきた建具を利用して、上吊り引き戸の入り口にする予定。

小屋作りWS_171116_0005

B5E3DDA2-1F60-443B-87EF-C44B7DD6CF11

9F455B79-5F39-4AF8-B6DC-58C4E127FDFA

小屋作りWS_171116_0001

2日目終了。お疲れ様でした〜

小屋作りWS_171116_0002

こんな感じになりました。
木製パレットの隙間の部分はどうなるのでしょうか?

3522BD18-C84C-453D-BBB7-91E09A481C48

総合的なデザインに関しても、次回みんなで考えられるといいですね☆

最終的には床材を貼らない土足で入るスタイルの小屋になりそうです。完成後は、村内の空き家から出てくる農具や工具を保管し、村内の課題解決(空き家修繕、耕作放棄地の再生など)のために利活用していく予定です。

 

2日間を終えて・・・

2日間かけてほぼ何もない状態から、あっという間に外壁まで組み上がりました。
そのスピードに見ていた私もびっくり。

これも、講師の「ね組」のみなさんの的確な進行に、集まってくれたみなさんの、出会ったばかりとは思えないチームワークのなせる技だったように思います。

そして、移住交流スペース「やまんなか」に村外から様々なキャリアを持った人が集まって、「小屋作り」という名目で新たな交流が生まれたことが、なによりも価値があることだったのではないでしょうか。

 

さて、次回は12/2(土),3(日)の2日間で小屋作りワークショップの続きを実施します。

2(土)は、屋根の土台部分を制作し、3(日)はいよいよ竹葺き屋根の組み込みにチャレンジします!
この竹葺き屋根作り、実は講師陣である「ね組」のメンバーもやったことがない新たな試み。
初日のワークショップで伐採した太さのバラバラな竹を、雨漏りしないように、そして効率的に組んでいくためにはどのようにすればいいか、参加者で話し合って方針を決めて実際にやってみるところまでを行います。
7DEF8064-7BC4-4409-99C7-0628EBD4171D

2日目のワークショップ終了後にも、何人かで集まって今後の方針を話し合っていました。

次回の完成図がどのようになるのか、楽しみです!

カテゴリー BLOG
pagetop
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。