> BLOG

長年の夢だった移住を実現し、田舎を遊び場にしている児島さん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

児島正之さん

地区:田山地区
移住年:2017年

京都生まれ、大阪育ち、仕事も大阪と、生まれてからずっと都会で暮らしてきた児島さん。
早期退職後に憧れていた田舎での古民家暮らしを実現するために、南山城村に移住してこられました。

普段は趣味の小品盆栽やモビール作りをしたり、庭の畑を耕したりして過ごし、奥さんが今も大阪で働いているため、週末だけ村で夫婦一緒に暮らすという生活を送られています。

移住してもうすぐ1年。先日も近所の人を誘って「やまんなか」に来てくれるなど、村の人とも親しくされている印象の児島さんに、南山城村の魅力をお伺いしました。

投稿者:木村瑛美

 

移住しようと思ったきっかけは?

「両親の出身が田舎の方で、のどかで食べ物が美味しくて自然も豊かなところで。そういうところにいつか住みたいなぁと思ってたんよ。」「『古民家っていいなぁ、太い柱とか梁とかがある家がいいなぁ』と思いながらいろいろ見ててね。」
児島さんは長年大阪に勤めながら、いつか田舎暮らしをしたいと考えていました。具体的に動き出したのは59歳の時。膝の手術がきっかけで思い切って定年より1年早く退職することにして、そこから移住先の古民家探しがはじまりました。

 

南山城村をえらんだ理由は?

「いい家が思ったより早く見つかったから、嫁に先に行かせてくれと頼んだらOKしてくれてねえ。南山城村なら、距離的にも大阪の家から1時間ちょっとでこれるし、高速代もいらないから、嫁と離れてはいても近くていいかなぁと。」

児島さんは退職して自由になりましたが、奥さんはまだ働いていたためすぐには移住できない状況でした。そこで夫婦で話し合った末「平日仕事があるときは別々に暮らし、週末は一緒に過ごす」という今の生活をすることにしたんだそうです。

「こっちにいるときは、前から趣味にしていた小品盆栽作りとか、モビール作りとか、他にも畑の草刈りとか、やることはいろいろあるんよ。テレビもラジオもないけど、そうやって時間を過ごしていたら退屈することはないねぇ。」
「週末には嫁を迎えに大阪に行って二人でここで過ごすんよ。一緒に近所のおばあちゃんの家に遊びに行ったりしてるねん。」

奥さんは仕事が落ち着く2年後にはこちらに移ってこられる予定だそうです。ご夫婦それぞれが今の暮らしを大切にしながら、会えるときだけ一緒に過ごす。そんな移住のステップも素敵だなぁと思いました。

 

南山城村の魅力は?

児島さんに尋ねてみると、途切れることなく次々と話してくださいました。

「星も綺麗だし、水も美味しいし、あと野菜がうまい。野菜は近所の人がくれたりとか、直売所でもすごく安く買えるし、新鮮で美味くて。もともと野菜はあまり食べなかったんだけど、今は嫁さんに『変わったねー』と言われるくらい、よく食べるんよ。」

「ここはほんまに静かやねん。地元の方も『静寂はお金では買えない』って言うくらい。夏に窓を開けたらずーっと虫の鳴き声が聞こえててびっくりする。」

「シュンランとかカンアオイとか、図鑑でしか見たことなかったような変わった花が、山の中で自然に咲いててね。近所に夫婦で『お姉ちゃん』と呼んで親っている人がいて、『うちの山に採りにいこうか』なんて言われると胸がワクワクするんよ。『ここ見てみ』っていわれて見たら珍しい花の群生があったりして、すごい感動やった。」

「近所の人が『ホタルがうちに出るよ』と教えてくれたので行ってみたら、最初は2、3匹やったのがどんどん増えていって、最後には何十匹も見れたんよ。その後でお家の方が『ビール飲みますか?』って声をかけてくれて。お家に呼ばれてお酒を飲んで帰ってきたのも楽しかったなぁ。」

他にもツクシやミョウガを山に摘みにいったり、ツバメが普通にその辺で飛んでいるのを見て驚いたり、『お姉ちゃん』がもっている茶畑を見せてもらったり、すごい数の赤トンボに見とれたり。

「こっちに来てから、すんごいいろんな経験をさせてもらって。初めて体験することばかりやから余計に嬉しいんよ。」

移住してからの出来事を生き生きと語ってくださった児島さん。本当に南山城村ライフを満喫されてるんだなぁというのが伝わってきました。

「村の人にとっては普通のものでも、都会では見ないから。『宝物ばっかりやで』って『お姉ちゃん』にも言ってるんよ。」「大阪から1時間ちょっとのところにこんなほっこりした田舎があるなんて思わんかった。自然で遊べる人にとっては最高の場所なんちゃうかな。」

 

地元の人とのつながり

近所の方とも仲良くされていて、野菜や花の苗などをよくもらったりもするという児島さん。移住して1年足らずでどうやって周りの方と親しくなっていったのか、尋ねてみました。

「庭で作業していると家の方を見ている人がいたりして、そんな時『どうぞ入ってください』って、お茶を出したりいろいろお話ししてたんよ。それからちょくちょく野菜とかを持ってきてくれるようになって。僕らもモビールとか、都会のちょっとしたものを買ってきてあげたりしてるねん。」
児島さんのオープンで誰とでもすぐに打ち解ける性格が、村の人にとっても受け入れやすかったのではないでしょうか。
またお野菜や趣味の品などお互いに無理のない範囲でおすそ分けしたり、気軽に家に上がってもらってお茶やビールでもてなしたり、都会ではほとんどなくなってしまった人と人のつながりがここにはあるのが暖かくて素敵だなと思いました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

土日は奥さんも村でゆっくりされています。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

児島さん作のモビール。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自宅横にある畑で、野菜や花を育てています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

蔵には、収集してきた趣味の古時計やフィギュアがずらり。

pagetop
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。